» 抜歯矯正体験日記

03-3770-0070
月火水11-20時 / 金11-18時 / 土10-18時
休診:木・日曜*月1回日曜診療あり

分割払い(手数料無料) お問い合わせ・予約 無料相談予約
抜歯矯正体験日記

抜歯矯正体験日記

2013年8月10日

調整15回目

Filed under: 抜歯矯正体験日記 — egao

堪え難い暑さが続いておりますが、皆様お元気にお過ごしでしょうか?^_^
花火大会や夏祭りなど、イベントも盛りだくさんですね☆

さて、今回の調整ですが、前回同様パワーチェーンの交換です。
ワイヤーの下に前歯にゴムをかけ、更にワイヤーをはめた後に上から全体にかかっています。。
どこからどこまでどの様にしてかけるか…力のかかり具合を足し引きし、綿密に計算し調整していただきました。
調整数日前にスパイシーなバターチキンカレーが食べ食べなり沢山作って食べたのでゴムが真っ黄色!!!!ゴムの黄色で歯も黄色く感じますよね(°_°)早く変えたい気持ちでいっぱいでした(笑)
ゴム類は食べ物の色に染まりやすく、ゴムが黄ばむとやはり口元の印象も変わります。
先日の成人矯正学会でもお話が出ましたが、日本人は肌の色が黄色っぽいので歯が白いとニコッと笑った時にその白い歯の色がハイライト効果を発揮しとっても良い印象になるそうです。人は第一印象でほぼその人のイメージが決まるそうなので“歯”ってやはり大切だと思いました。

矯正を始めて1年ちょっと…もうそろそろゴールが見えてきております。
上の歯の隙間は左があと2 3ミリ、右が4ミリ程度、上と下の噛み合わせの差も2 3ミリ。本当あともう少しで隙間は無くなります*\(^o^)/*
楽しみです ?

☆mika☆

2013年7月8日

調整14回目

Filed under: 抜歯矯正体験日記 — egao

梅雨に入り、花のように色とりどりの傘が街に開いておりますね。

さて、今回の調整ですが引き続きパワチェーンの交換とワイヤーを曲げ、かみ合わせのラインのを調整して頂きました。
パワーチェーンのかけ方が今回は特殊です(=゚ω゚)ノ
前回パワーチューブを使用し改善されつつあるものの上の前歯の中心がまだ若干自分から見て右側にずれているため上の歯は、左へ動く様左側は二重にパワーチェーンが掛かってたり、かけている場所も左は1番奥まで右側は奥から2番目までになっております。
この様にただ、左側へ動かすだけでも様々な手法があります。それをその方の状態により適宜処置を行うのです。
やはり奥が深いですね~(*^^*)

先日、日本成人歯科学会の大会に参加させて頂きました。また新たな気持ちで気を引き締めて診療に向かいたいと思います。
そこで学んだ事を生かし皆様のお役に立てれば幸いです。

2013年6月13日

調整13回目

Filed under: 抜歯矯正体験日記 — egao

またもやパワーチェーンが切れてしまいました。
歯の位置の関係でいつも左下の中間付近の一部が切れてしまいます。

しかも左下のワイヤー、折れていました(T ^ T)
自分では気づかなかったけれど、色々と曲げたり力がかかったりで金属疲労を起こしていた様です。頑張ってくれたワイヤーさん、今までありがとう!という気持ちになりました(笑)

今回は上は変わらずパワーチェーンの交換。そして中心のズレを直す為、左奥からパワーチューブというゴムのチューブをかけ、後ろに引いてます。
下は、噛み合わせのラインを直す様ワイヤーを調整。

パワーチューブのせいか、痛みが強かったです(泣)痛み止めを飲み、3日間はまともに食べる事ができませんでした…

しかし、そのおかげかスペースがほとんど無くなってきました!!
左右3~4ミリ位ずつでしょうか。
本当にゴールがもうすぐ*(^o^)/*
嬉しいなぁ。
横顏にまだ突出が見られるので、できるだけ引っ込む様にまだまだゴムかけ頑張るぞー!!

2013年5月20日

調整12 回目

Filed under: 抜歯矯正体験日記 — egao

こんにちは☆

私事ではございますが、先日南の島に旅行に行ってまいりました。
空港で話をしたタイの方、離島ツアーで仲良くなったモロッコ人夫妻の奥様、滞在中に何度も通ったレストランのお店の方2名。海外でも成人矯正って多いですねー!
ブームかと思う位。

矯正してるっていう共通点から話が盛り上がったりしました(笑)
痛かったり食べづらいだとか万国共通、皆、同じ人間!

世界でも同じ体験を人が沢山いてそれで少し交流が持て、なんだかちょっとだけ嬉しかったです。

さて、今回の調整ですが前回と同様パワーチェーンの交換です。
随分と歯の傾斜や噛み合わせのラインは改善してきました。
顎間ゴムを使い、奥歯の位置の関係で上の中心がずれるという事態になりましたがスペース閉じてから中心を合わせれば問題ありません!

自分自身の感覚としては、下の奥歯から2番目の内側への傾斜と上の歯の前歯の垂れが若干気になるくらいです。
あとは前歯が下がり隙間が閉じれば、微調整くらいでしょうか。

かなりゴールが近くなってきました!
あとは、一番のコンプレックス…前歯の突出がまだ気になるので顎間ゴムかけてかけてかけまくるしかないです
(T ^ T)!
がんばりますっ!!!

2013年4月26日

調整11回目 ~パワーチェーン~

Filed under: 抜歯矯正体験日記 — egao

前回調整後、ゴムはほぼ24時間使っておりましたが何故か前歯はあまり下がらなかった(T ^ T)そんな時もあります。

しかし、ワイヤーを曲げカーブをつけて頂いた歯の垂直的位置は直ってきました。噛み合わせも随分と上がり、こちらはかなり変化がみられました。
鏡を見て、変化を実感しウキウキッ!笑!嬉しー!!

さて、今回の治療ですが、またワイヤーを曲げさらに噛み合わせのラインを微調整。
隙間を閉じる為に今回は始めて“パワーチェーン”が入りました!

パワーチェーンとは透明の色をした輪っかのゴムが連なっているものです。これをブラケットにまたがってひとつずつかけていく事で歯と歯がぎゅーっと引っ張られ、隙間がとじます。
透明なので、コーヒー・紅茶・タバコそしてカレーなどでとても着色しやすいです。パワーチェーンが入った時には特に着色に気をつけましょう!

そして何より注意が必要なのは、歯磨きです。ゴムが連続して繋がっているのでプラークが付着しやすく、落としにくいです。

普段の歯ブラシは勿論、更に歯間ブラシ、タフトブラシを強化して頂く事が必要です。

【歯間ブラシ、タフトブラシの使用法】

①歯間ブラシ

Mサイズ程度を使用し、ブラケット 周りにきちんと沿わせワイヤー下を磨く。

②タフトブラシ

隙間に入れ込み細かく振動するように動かす。色んな方向から入れ込むのがポイント!

尚、更にフッ素ジェルも毎日使用する事をおすすめします。

パワーチェーン装着時には更に歯ブラシがんばりましょうね。

わからない事がございましたら気軽に衛生士にお尋ねください。

しかし、パワーチェーンきいてるなぁ。
術後1週間程度でもうワイヤーの後ろが出てきました(*^o^*)♡

院長より: 全体的に、とてもいい反応をしています。動きも早い。そして口の中も清潔に保たれているね!流石、衛生士!しっかりとゴムを使って、最高のフィニッシュを目指しましょう!

2013年3月30日

調整10回目

Filed under: 抜歯矯正体験日記 — egao

みなさん、こんにちは☆
春爛漫の好季節になりましたね~(*^_^*)
近所の桜並木もとってもキレイでした。

さて、今回の調整ですが前回と同様で歯の傾斜,噛み合わせのラインの調整をするために
ワイヤーを捻じったり、曲げたりして改善をはかって頂きました。
顎間ゴムは引き続き継続です。

前回調整後から噛み合わせがかなり上がってきたので奥歯が起きあがってきた証拠だと思います。
嬉しいです!!

患者さんの中には前歯などの見た目の並びだけ並んだら満足してしまう方がいらっしゃいますが、
見た目だけではなく噛み合わせはすごく重要です。

噛み合わせが悪いと顎関節症という顎の関節が痛くなったり口が開けにくくなる症状がでたり、
歯周病になりやすかったり、体が歪んだり…と全身的にも口腔内にも様々な悪影響が及ぼされます。

大体歯が並んだ事に満足せずに、じっくりと根気強く調整を重ねていきましょう。

☆mika☆

2013年2月27日

調整9回目~ワイヤーの調節~

Filed under: 抜歯矯正体験日記 — egao

前回調整していただき、上の前歯が少しだけ後ろにひっこんできました。
しかしまだ下の奥歯の舌側傾斜がある為に噛み合わせが深いままです。それに加え、顎間ゴムをしていることで上の前歯が下方への力もかかっていることで若干前歯が垂れ下がってきて事も噛み合わせが深くなってる原因の一つにあるかと思います。

下の奥歯を起こす&上の奥歯を下方へ引っ張り、前歯を上方へ移動させる為今回はワイヤーの形態を変えていただき、調整をいたしました。

調整後2時間弱で奥歯が若干痛みだし、効いているなぁーと実感できました。
たった少しワイヤーな角度を変えたり曲げたりするだけで本当に変化する事を身を持って体験できました。
調整後、数日頃から噛み合わせが少し上がり変化したように感じます。
その微調整がいかに繊細で重要なものかを実感し、やはり矯正医の先生方は“ワイヤーのマジシャン”だなぁー!痛感致しました。
知識は勿論、経験と器用さ、センス、丁寧さを極度に必要とするお仕事ですね。
尊敬します☆
私達衛生士も違う側面から先生や皆様方をサポート出来れば幸いです。

院長より: 嬉しいねぇ! 患者さん、誰一人として同じ症例ということはありません。
進歩する医術についていく努力と勉強、 確かな診断をもとに、治療計画を描き、丁寧に治療する。
すべては、基本どおり、基本が本当に大切なんですね。

2013年2月5日

調整8回目 顎間ゴムの注意点

Filed under: 抜歯矯正体験日記 — egao

今回は下も一番太く硬い019×025のステンレススチールなワイヤーが入りました。
上下共に硬いステンレスのワイヤーが入った事でゴムかけすることが可能になりました。
ゴムは使用しなくてもいい場合もありますが、症状によっては様々な場所で必要になります。
私の場合には上の歯の前歯4本を後ろに下げる為に必要になりました。

ゴムかけで一番大切な事は使用時間です。生理的かつ機能的な力が持続されてはじめて歯が動くので24時間近く使用する事が望ましいです。
顎間ゴムを外しているとすぐに歯は戻りそれまで動かした移動が無意味になってしまうのです。ですからなるべく可能な限り最大限の時間ゴムかけをしましょう。

可能であれば食事中かけても問題ないです。尚、万が一飲み込んでも体外に排出されますので害はありません。
また、早く直したいからといってゴムを二重にしてかけたり指定された場所以外にかけてしまうと力が強すぎてしまったり弱くなってしまいます。強い力がかかると逆に動きが遅くなる、歯根に悪影響が及ぼされる、理想と違う方向へ動いてしまうなど様々な弊害が生まれます。

顎間ゴムの注意点
①必ず指定された場所にかけ、指示された様にかける
②最初の慣れないうちは鏡を見てしっかり場所を確認しましょう。
③常にゴムを持ち歩きなるべく長い時間かけましょう
④ゴムは使用しているうちに伸びて劣化してしまいますので、最低1日は交換しましょう。

ゴムかけは多少の手間がかかりますので面倒になり使用しなくなってしまったり、使用時間が短くなってしまいがちですがとっても大切な過程です。
いきなりすぐに大きく動くことはないので、あまりピンとこないとは思いますが毎日継続して力を加えることにより約1か月後の調整時にはかなり動きがみられる方も数多くおられます。
ゴムかけを一緒に楽しみましょう♡笑!

※顎間ゴムの指示については、アメリカの矯正歯科では、『処方する』という言い方をします。 
それは、お薬と同じ意味合いだからです。
指示通り、一日3回、薬を飲めば病気が治るように、ゴムかけをすればその分、治療は早く終わります。 処方されたゴムは最後まで使い切りましょう! 院長より。

2013年1月7日

調整7 回目~上が最終段階のワイヤーに

Filed under: 抜歯矯正体験日記 — egao

あけましておめでとうございます
m(_ _)m
本年もよろしくお願い致します。
皆様にとって素敵な一年になる事を祈っております。

最近はすっかり冷え込み本格的な冬に突入しましたね。
この時期毎年流行するノロウィルスも猛威を振るっているようですので手洗い、うがいしっかり励行しましょう。

さて、今回の調整ですが、とうとう上に最終段階のワイヤーにチェンジすることができました!!!*(^o^)/*
素材はステンレススチールでとても硬いです。勿論ワイヤーの形状は断面が四角い、角ワイヤーです。
前回から019×025の角ワイヤーで太さなどは変わらないのですがワイヤーの素材が異なります。ちなみに前回はニッケルチタンでした。
下はサイズがUPし、019×025のワイヤーですがニッケルチタンです。

今回一番ビックリしたのは調整して数時間した頃から痛みが出てきて、夕食頃には強い痛みががが~(T_T)!!
この痛みは始めて装置を付けた時の次に強い痛みですね。
お肉噛めない、お野菜噛めない、お豆腐はギリギリ噛めなくもないかなぁ…こんな日に限って夫のリクエストですき焼き作ってしまったのです(;_;)
白菜をよく煮込んでやわらか~くして少し頂きこの日の夕食は終了です。最近食べすぎてたから良かったぁ(笑)

019×025ステンレスの威力を実感させられました。
下の歯も角ワイヤーが入った事で舌側傾斜が徐々に改善され、噛み合わせが変わってきているのも実感できます。

矯正中の皆さん。お餅や、おせち料理はブラケットを脱離させてしまう原因になり得ますのでお気をつけてくださいねo(^_-)O

☆mika☆

2012年12月14日

調整6 回目~奥歯の舌側傾斜~

Filed under: 抜歯矯正体験日記 — egao

やっと、下の歯のガタガタがなくなってきました(^_^)

以前にも記述いたしましたが、元からそれほどの凹凸は無く、
若干重なりがある程度だった為下は歯を抜いておりません。

抜いてスペースを作っている訳ではご御座いませんので、
顎の土台に対して歯の入るスペースが不足しているという状態は変わらないわけです。

スペースが無い分、一気に変化がみられる事はないですが少しづつ改善され
ガタガタしているのが治ってきたので、
今日からやっと四角い・角ワイヤーが入りました。

サイズは016×022のワイヤーです。

この角ワイヤーを入れることにより奥歯の内側への傾斜が直るはずです。
日本人は下の奥歯が舌側に傾斜している事が多いです。私もその中の一人です。

元々、下の奥歯は内側に傾斜して萌出していきます。

上の歯列が成長と共に、幅が広がることに影響を受けて、
そこと咬み合っている下の奥歯は段々と直立し歯列の幅を成長させるのです。

歯列の幅が広がることにより歯の生えるスペースに余裕が出来て並びやすくなる
ということもありますので、きれいな歯並びをつくるには、内側に傾斜している奥歯を直立
させることが特に子供の頃には重要でもあります。

直立しなかった理由としては、顎の発達不足と内側に傾斜している歯を外側に押しやる力
(側方への咀嚼力)が弱かった事が考えられます。

具体的には顎を横にスライドさせるすり潰すような動きです。
馬が草を食べているような姿を頭に思い浮かべると想像しやすいですね。

顎骨が発達途中のお子さんには顎の成長を促し、側方に動かす力を加える為に硬いガムを噛ませたり、
スルメやビーフジャーキーなど擦り潰す動きを多くする食べ物を食べさせてあげると良いかもしれません。

今回入った四角いワイヤーにより、過度な傾斜が改善される事により深かった噛み合わせが
改善されます。

ガタガタが直す事に比べ、傾斜や噛み合わせの深浅の改善はパッと来ない地味な作業ではありますが
とっても重要な工程です。

噛み合わせの改善は歯の寿命を大きく左右する大切なものですので見た目だけでなく
地味に思えるこの作業も嬉しいものと考えると良いですね。

ページの先頭へ

恵比寿駅・代官山駅近く 〒150-0021 東京都渋谷区恵比寿西2-17-22 アプリュスⅡ2F  TEL:03-3770-0070