» てるの裏側矯正日記

03-3770-0070
月火水11-20時 / 金11-18時 / 土10-18時
休診:木・日曜*月1回日曜診療あり

分割払い(手数料無料) お問い合わせ・予約 無料相談予約
てるの裏側矯正日記

てるの裏側矯正日記

2017年8月20日

⚫︎ハーフリンガル11回目の調整

Filed under: てるの裏側矯正日記 — egao

⚫︎ハーフリンガル11回目の調整

 

先日調整してもらいました(^o^)/

 

今回は、上の一番後ろの奥歯に装置をつけてもらいました♪

 

上の一番奥歯はしばらく何もつけていなかったので、その状態で口の中が慣れていたのですが、つけると今まで当たらなかった舌がどうしても装置に触れてしまい擦れて痛いのが続きました(*_*)

 

しかし一週間もすると、装着がついていることがそこまで気にはならなくなり、痛みもなくなりました。

 

不思議なもので、今まで色々な装置をつけてきましたが、始めは違和感があってこれで生活出来るのかと心配になりますが、一週間、二週間とするうちに必ず慣れてきました。

人間というのは適応能力があるなぁと感心してしまいます(^^)

 

調整をしたその日から約三日するとほとんどの痛みや嫌な気持ちは解決されると思います。

舌の痛みに関しては、意識すればするほど普段の舌の位置とかが分からなくなり、逆に装着を舌で触ってしまうという事になりやすいので、なるべく意識しすぎないようにしましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

2017年7月20日

⚫︎ハーフリンガル10回目の調整

Filed under: てるの裏側矯正日記 — egao

⚫︎ハーフリンガル10回目の調整

 

先日調整してもらいました(^^)♪

 

前回、下の歯は、一番最後のステンレスワイヤーに戻す事が出来ました。

そしてワイヤーの上からパワーチェーンをかけて隙間を閉じる力をかけてもらいました。

今回はその隙間がまだ閉じきらなかったのでパワーチェーンを新しいものに変えて、

さらにパワーチューブという細長いゴムで隙間が空いているところを閉じるように縛ってもらいました。

痛みは、前回ほどありませんでした。

痛くなるかなと思っていたのでヨカッタです。。。ε-(´∀`; )

 

上の歯は、引き続き微調整でした。

 

最近はしばらく微調整中なのでちょっとした角度を変えると下の歯との兼ね合いもあり、装置と歯がぶつかってしまったりして

違和感があったので、こまめに噛み合わせの調整も含めて診てもらいました。

 

矯正中は噛み合わせの位置が少しづつ変わっていきます。

その事により、今までは噛んでなかった歯が噛めるようになっていったり良い事もたくさんなのですが、

逆にぶつかっていなかった歯がすごくピンポイントで当たるようになったりして違和感を感じたりする場合もあります。

 

特に私の歯は歯ぎしりによって全体がすり減っているので、当たる所が少しの調整によって変わってきます。

噛み合わせの状態を確認してぶつかっていた装置の一部を削ってもらい、今は快適に過ごせています。

 

本来は歯を噛んだ状態で横にずらした時に、犬歯という真ん中から数えて3番目の歯が当たって他の奥歯などを守っているのですが、

私の場合はその犬歯がすり減り過ぎていて前歯と変わらないくらいの長さの為、ぶつかる所が奥歯になってしまっています。

犬歯が当たらないせいで、前歯も当たりやすく噛み合わせの調整が難しいのです。

 

歯ぎしりによって歯がすり減り過ぎいている事に関しては、矯正を始める以前から将来を考えると不安だったので

気にはしていたのですが。。。

今回矯正治療をしてみて、一生使う歯なのでなるべく全部の歯を残したいのでこんなにもすり減る前に始めるべきだったなと思いました。

矯正をしようか悩んでいる方は、始められるタイミングがあるなら早い方が絶対にいいと思います!!

2017年6月20日

⚫︎ハーフリンガル9回目の調整

Filed under: てるの裏側矯正日記 — egao

⚫︎ハーフリンガル9回目の調整

 

前回調整してもらってまだ少ししか経っていませんでしたが、下の歯が動いて上の前歯にぶつかり出したので調整してもらいました。

 

上の歯は噛み合わせの関係で犬歯の位置をすこし下の歯の方向に下げるような力をかけることになりました。

 

下の歯はしばらく歯の向きなどを治していたので、ワイヤーのレベル(太さ、硬さ)を下げていたのですが、今回久しぶりにステンレスのワイヤー(1番太くて硬い)に戻すことが出来ました^_^

 

久しぶりのステンレスワイヤーはズーンと重くのしかかるような感覚でした。鎧をかぶった感じ?そんな重さがグーッときます。そこに、さらにパワーチェーンをかけてギューッとしめていきます。。´д` ;

 

今回は3日ほど結構な痛みがありましたがいつの間にか慣れました。むしろパワーチェーンのおかげで唇の擦れがなく少し前の状態より快適になりました。

 

この前まではゴムではなく細い針金でワイヤーとブラケットを固定していたのですが(結紮)今回からパワーチェーンなのでゴムが黄色くならないようにカレー等は我慢しようと思います( ´_ゝ`)

 

※以前も書いたかもしれませんが、カレーを食べても矯正治療としては全く問題ありません!!

カレーによって、元々透明のゴムが着色して黄色くなってしまうのでそれが気になってしまう人は控えた方がいいですよ〜ということです。

毎回交換出来ますので色が変わってしまっても、大丈夫です。

他にも何か気になる事などがありましたら何でもご相談下さいねー♪^_^

 

2017年6月11日

⚫︎ハーフリンガル8回目の調整

Filed under: てるの裏側矯正日記 — egao

⚫︎ハーフリンガル8回目の調整

 

先日調整をしてもらいました。

 

今回は、下の歯をもう少し奥に引っ込める為にスペース作りとしてディスキングをしました。

 

ディスキングと言うのは、(以前も書いたことがありましたが)

ヤスリのようなものでわずかに歯の側面を削って隙間を作ることです。

削るといってもやすりをかける程度のわずかのものなので、機械の振動は多少ガタガタとしますが全く痛くはありません^_^

 

全員するわけでもなく、必要に応じてなのでしない場合ももちろんあります。

私は非抜歯での矯正なので、私の歯の大きさだとそのまま並べると窮屈で前に傾斜した並びになってしまうからです。

ディスキングをして隙間を作ることによりもう少し歯並びのアーチを小さくすることが出来ます。

それによって上の前歯ももう少し下げれて、歯の被り具合も改善出来ます。

 

上の歯は引き続き微調整です。

 

今回は下の歯が動くのが楽しみです^_^

 

2017年4月21日

ハーフリンガル7回目の調整

Filed under: てるの裏側矯正日記 — egao
  • ハーフリンガル7回目の調整

 

先日調整してもらいました(^^)

今回も引き続き微調整です。

わずかな段差を治してもらったりしています。

 

 

*********************

 

 

今回は前回の続きの、”なぜハーフリンガルの装置を選んだか”の第二弾を書こうと思います。

 

ちなみに、前回の一つ目は、

『歯科衛生士として裏側矯正をしている患者さんの気持ちを理解してみたかったから。』という内容でした。

 

そして二つ目の理由は、

歯科衛生士だからとはいえ、出来ればあまり注目されず、気づかれないように綺麗になりたいと思ったからです。(^^;

 

始める時に私がハーフリンガルで矯正すると言ったら、まわりの先生や衛生士の友達からは、衛生士なんだから歯磨きもきちんと出来るし表側からのでよくないか?と言われましたが…(^^;;

 

私が単純に色々気にするタイプなので、性格的にもこの装置を選んで良かったと思っています(^^)

 

特に外食してる時とか、裏側に装置が付いていれば挟まっても他の人からはわからないので、挟まってるのが恥ずかしい気持ちとかは気にしないで食事や会話に集中していられます。

 

舌の癖がある人にとっては、上でも装置が裏側に付いている事によって舌が痛くなったりする人もいるそうですが、私は特にそういった事もなく快適に過ごせています。

 

私の場合はどちらかと言うと、下の表側からの装置の方が唇にいちいちひっかかって邪魔くさい気持ちが強いです。

骨格とか唇の位置とか話し方の癖が原因なのかもしれませんが…。

とは言え、上下裏側だったらもしかしたらまた違う事が気になるのかもしれませんね(^^;

 

患者さんや一緒に働いている衛生士(同じく矯正中)から話を聞いてみると、本当に人それぞれの感想なので感じ方は個人差がすごくあると思います。

 

矯正は歯を動かすので2年前後はつけたままになるので、もしかしたら転勤、引っ越し、結婚、出産等、通っている途中で生活が変わる場合もあります。

装置についてはよく検討していただいた方がいいと思います。

 

ご相談や経験してみての質問等ある方は私達にぜひお声かけ下さいね( ´ ▽ ` )ノ

 

 

 

 

 

 

2017年2月26日

ハーフリンガル6回目の調整

Filed under: てるの裏側矯正日記 — egao
  • ハーフリンガル6回目の調整

 

先日調整していただきました(^O^)

 

今回は上の歯微調整と、下の歯の微妙なズレを治すためにブラケットポジションの

チェンジでした。

下の歯は少しポジションが変わったので、その分久しぶりに痛みがありましたが3日

ほどで慣れました。

段々と動く量が少ないと痛みを感じにくくなるような気がします。

 

***************************

 

今回は(今更ではありますが…)私が矯正を始めるにあたって、ハーフリンガルの矯

正装置を選んだ理由を書いてみようと思います。

 

私が上だけ裏側の見えない装置を選んだ理由は2つあります。

 

①歯科衛生士として裏側矯正をしている患者さんの気持ちを理解してみたかったか

ら。

:普段の生活、食事、歯磨きの大切さやポイントを自分が体験してみたかったから。

 

→ 実際に経験してみると、、、

 

・歯が動いている時に感じる痛み(調整後)は聞いていた通り、毎回3日くらい痛む程

度で徐々に収まり、1週間後には忘れるくらいになっていました。

これは個人差があるでしょうが、一般的にというのに私は当てはまりました(^^)

思い返すと、装置をつけたばかりの始めの頃の方が痛かった気がします。

特に捻れを取っている時と、バネでスペースを作っている時が痛かったです。

でも、その頃は目に見てわかりやすい変化がわかったのでどうにか痛みにも耐えられ

た気がします(^^;

 

・口の中は思ってた以上に敏感で少し針金が飛び出て当たるようになっただけでも口

内炎になったり痛みが出ることがよくありました。

ただ粘膜も強くなるのか、歯並びが並んで来るにつれあまり感じなくなりました。

 

・食事も噛み合わせがよくなってくると、そこまで制限もなくする事が出来るように

なりました。

明らかに硬そうな物以外は細かく切ってから奥歯で噛めば大丈夫でした。

カレーはやはり1度食べただけでゴムが真っ黄色になりました。

他にもカレーでなくてもネパール料理も全く同じように染まりました。

 

・歯磨きは相変わらず大変ですが、慣れてきて普通の歯ブラシでも割と磨けるように

なってきたし、上の装置の間にも歯間ブラシを通せるようになりました。

 

長くなりましたので、2つ目の理由は次回以降に書こうと思います(^Д^)

 

 

2017年1月28日

ハーフリンガル5回目の調整

Filed under: てるの裏側矯正日記 — egao

 

  • ハーフリンガル5回目の調整

 

2017年がスタートしました!

みなさま、今年もよろしくお願い致します♪

 

年が明けてから少し経ち、落ち着いたところで調整をしていただきました(^^)/

 

今回の内容は、、、

 

・下の歯は微調整で歯の向きを少し起こしたり、高さを揃えたり…そのような調整し

てもらいました。

 

・上の歯は、ついに両側の一番奥の(第二大臼歯:7番)に裏側の装置を付けることが出

来ました!

 

→ 今までは一番奥歯だけあえて裏側に装置はつけず、両側共に表側に部分的に装置

をつけていました。

 

なぜそうしていたかと言うと、

歯の位置、向きの関係でそのまま装置を付けると食事をする時にぶつかってしまいそ

うだったからです。

 

表側に装置をつけて、下の歯と同じように表からワイヤーで動かしていました。

ようやく奥歯も並んできて、今の位置ならもう大丈夫そうということで表側の装置を

外してもらえました(^^)

 

今まで奥歯は表も裏も装置があるような状態だった為、食事の時にたくさん挟まった

り絡まったりして歯磨きが煩わしかったのですが片側だけになったので少し楽になり

ました。

 

部分的に装置がなくなっただけの少しの変化でも、感覚としては大きな違いなのです

ごく嬉しいです(*´∀`)

 

これで上は全ての歯に裏側の装置をつける事が出来たので、今後がまた楽しみです。

 

 

2016年12月12日

ハーフリンガル 4回目の調整

Filed under: てるの裏側矯正日記 — egao
  • ハーフリンガル 4回目の調整

 

いつの間にか急に寒くなりましたね(><)

みなさま風邪など引いてないでしょうか?

 

先日調整をしていただきました。

今回も上下共にです。

 

下は前回、前歯を部分的にディスキングをしてもらい内側に引っ込めるためのスペー

スを作って、パワチェーンでその隙間が閉じるような力をかけました。

 

しっかりと効果が出て、前歯が以前より立ち上がり、内側に少し入りました(^^)

そのままでもだいぶ良くなったのですが、

より内側に入れたいので今回もまだバランスの悪い歯を2箇所、ディスキングしても

らい、同じようにパワーチェーンをかけてもらいました。

 

今回は左右共に1番奥の第二大臼歯(7番)同士に繋がるようにパワーチェーンをかけ

たので、全体にグッと力が加わり、久しぶりに奥歯まで3日ほど痛みがありましたが

その後は何事もなかったように落ち着きました♪

 

そして、今回、ついに!!

噛み合わせがようやくあがってきたので、下の奥歯の咬合面に盛ったバイトアップを

外すことが出来ましたーー!(≧∇≦*)

必要性は理解していたものの、正直言うとて噛み心地や見た目がずっと気になってい

た所だったので外せてすごく嬉しいです。

 

上は、太さ的には1番太いワイヤーにステップアップする事が出来ました(*^^)v

1番奥の歯は噛み合わせでぶつかりそうだったので、裏側の装置は付けず、左右共に

奥に表側から部分的な装置をつけて治療しているのですが、そのワイヤーも1番太い

ワイヤーにあげることが出来ました。

次回には、1番奥の歯にも裏側の装置をようやくつけられそうです。

上の歯はこの1~2ヵ月でだいぶ揃って、出っ歯ではなくなりました(^O^)♪♪

毎日鏡でチェックしていたのですが、いつの間にと言う感じです。

周りの人達にもだいぶ歯も引っ込んで綺麗になったと言ってもらえるようになりまし

た(*´∀`)

 

ゴムかけも今のところ必要なさそうだったので、表の犬歯につけた透明の突起(シー

ガルボタン)も外してもらいました。

これもまた口を閉じる時に引っかかるのでずっと気になっていたので外せてすごく嬉

しいです!!

 

私の矯正治療もいよいよ終盤に入ってきました!!

早く終わってほしい気持ちももちろんありますが、ここまで頑張ったので完璧に終わ

るのが今は楽しみです☆★

 

2016年11月5日

ハーフリンガル3回目 ~初めてのディスキング~

Filed under: てるの裏側矯正日記 — egao

  • ハーフリンガル3回目 ~初めてのディスキング~

 

先日調整をしていただきました(^O^)

 

今回上の歯はまたのリンガルのワイヤーのレベルアップする事が出来ました♪♪今のところ順調です。

 

そして!!

 

上の前歯と下の前歯の距離がだいぶ近づいてきて、出っ歯だった状態が引っ込んできたので、今回は下の歯の調整もしていただきました\(^^)/

 

ここ最近の下の歯並びはガタガタもなくなり整列されて並んでいるものの、前歯が若干外側に広がりながらぴったりと並んでいるような状態でした。

 

私の場合、抜歯をするほどのスペースは必要としなかったので非抜歯で矯正治療をしているので、

下の歯がこの位置で留まっている以上、上の歯並びを引っ込めるにも限界があります(>_<)

 

そこで、下の前歯の歯の大きさのバランスが悪い部分を少し調整することにより、歯並びのアーチを小さく、内側に入れる事が出来るので今回はその調整でした。

 

その方法を『ディスキング』と呼んでいます。

 

隣合わせになっている前歯の歯先の角が根元よりも広い場合にその角を少し落とすのです。

逆三角と言うより台形のような形を長方形に近づけるようなイメージです。

 

他に例えて言うなら・・・

 

(先生がよく説明している例えがわかりやすかったのでお借りしますが、ニュアンスが違っていたらすみません…。)

 

前歯の歯先の角を肩幅、根元をウエストの部分だと想像してみてください。

 

電車でもなんでもいいのですが、肩幅が広い人が隣にぴったり座っていてウエストの部分は肩よりも広々余裕があるのに、これ以上は肩がぶつかっていてスペースは決まってしまい身動きとれないし窮屈~!!(´Д`;)

肩幅がもう少し狭くウエストと同じくらいの幅だったらスペースが出来て隣同士の人と程よく詰めて座れるのに。。

 

↑この様なイメージです。

 

※ 実際は座る話となると腰骨やお尻の部分もあるのでそこは多少違いますが上半身の話ということでご了承くださいね(^^;

 

ディスキングの方法としては、

歯の間に薄いヤスリのような機械を入れてほんのわずかにスライスするような感じで、あっという間に終わります。

 

機械のヤスリをかける時にガタガタと振動は感じますが、痛みはありませんのでご安心下さい。

 

ディスキングをして隙間が出来たらその隙間が閉じるようにパワーチェーンで閉じる力をかけていきます。

 

非抜歯なので限界はありますが、下の歯のアーチが縮まれば上の歯ももう少し引っ込められるので、今後がとっても楽しみです(*´∀`)

2016年10月4日

ハーフリンガル2回目

Filed under: てるの裏側矯正日記 — egao
  • ハーフリンガル2回目

 

季節は変わってすっかり秋ですね~☆

7月の終わりに上の歯に装置をつけてから、外れることなく、順調に歯が動いてきています\(^^)/

今回は上の歯の2回目の調整です♪♪

 

下の歯は既に一番硬いワイヤーになってるので現状キープし、今は上の歯が並ぶのを待っている状態です。

と言うのも、今の段階で下の歯を後ろに引っ込めてしまうと上の歯の突出具合と下の歯でギャップがあり過ぎてしまう為です(^^; (出っ歯具合が大きくなりすぎてしまう為)

上の歯がある程度並んできて、下の歯と近づいたら、下の歯にもまた調整を加える予定です。

 

今回ワイヤーは断面が四角く前回よりも太いワイヤーを入れる事が出来ました。

同時にすきっ歯になっていた真ん中の前歯4本をパワーチェーンでワイヤーを入れる前に連結させて、閉じる力を加えてもらいました。

 

以前から行っていた両サイドのゴムかけの成果が現れ、少し前歯に隙間が出来たのです。

その分、出っ歯をなくすことが出来ます(^^)

私は非抜歯で治療しているので、少しの隙間でもその分前歯を引っ込められるのはとても嬉しいです♪♪

 

その他に、歯が動いて噛み合わせも少し上がってきたので、噛み合わせを上げる為に奥歯に盛っていたセメント(バイトアップ)を削って調整してもらいました。

少しの調整でもだいぶ噛み心地が変わって、上の前歯と下の前歯の距離も近づき食事もしやすくなって快適です(^Д^)

早くこのバイトアップを外せる日が来てくれるのを願うばかりです。。

 

今回の調整では、パワーチェーンの力もかかったからか、ワイヤーが太くなったからか、噛み合わせを調整したからか、久しぶりにあちこちの歯に痛みを感じました(>_<)

でもそれもまた3日ほど経つとだいぶ落ち着きました♪♪

痛がりの私でももうこの痛みには慣れてきました。

 

10月の初めに院長の韓国での講演に私達も連れて行ってもらうので、痛みも既に落ち着き、韓国にいる間もうバッチリ食事出来そうで良かったです(*^^)v

 

 

 

 

 

 

 

ページの先頭へ

恵比寿駅・代官山駅近く 〒150-0021 東京都渋谷区恵比寿西2-17-22 アプリュスⅡ2F  TEL:03-3770-0070